ムダ毛処理にも国民性⁈ フランスの脱毛事情

datu16
フランス在住です。こちらでは日本のような脱毛専門のサロンは少なく、自宅で脱毛するかエステサロンで脱毛を行うのが普通のようです。スーパーマーケットでは、ワックスや脱毛テープ、安全カミソリなどがよく置いてあります。ホームステイしていた時、その家庭に中学生の女の子がおり、バスルームを共用していたのですが、中学生なのにしっかりムダ毛の処理をしていていました。大人っぽくて、高校生みたいに見えました。

こちらで暮らすようになってから脱毛のことで驚いたことが結構あります。まず一つ目。女の子同士のお泊り会をする時などに結構聞かれたのが、「アジア人の女の子って、下の毛の処理をせず、ボーボーだっていうけど、本当なの?」っていう質問。詳しく話を聞いてみると、こちらの女性はビキニラインに沿ってお手入れしていたり、すっかり剃り落としてしまっていたりするようです。ビキニになったりする時は別ですが、普段はそれほど手入れしていなかった私。なんだか急に恥ずかしくなってきて、もう少しちゃんとお手入れを使用と決意しました。今までそんな風に見られていたなんて、ちょっとショックです。

そして次。そんな風にビキニラインのお手入れには気を付けているというのに、腕のムダ毛は結構ほったらかし。すごくかわいい女の子の腕の毛がすごくもじゃもじゃだったりするんです。最初は驚いて思わず凝視してしまいましたが、今では日常茶飯事です。ムダ毛の色は日本人のように黒ではなく、金髪っぽかったりすることはするんですけど、日に当たって黄金色に輝いているのをみると、「そこはお手入れしなくっていいの?」と思わずツッコミたくなります。

男性はある程度モジャモジャの方はセクシーでいいのかな?と思っていましたが、友達のイタリア人の男性は胸の毛が多いこと気にして、海に行く前に脱毛テープで除毛していて、見ていてとても痛そうでした。

国民性によりムダ毛の気になる部分は異なるようです。私も「郷に入れば郷に従え」で、結構腕の毛が気にならなくなってきました。でもフランスでも女性のワキ毛はNGなので、そちらはちゃんとこまめに処理しています。エステでワキだけでも永久脱毛したいなと目論む毎日です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です