海外ではブラジリアンでデリケートゾーンのお手入れは当たり前

最近やっと日本でもデリケートゾーンの脱毛が流行の兆しを見せてきていますが海外、特にアメリカでは高校生ぐらいの女の子からVIO脱毛を始めるのだそうです。その理由は、やはりデリケートゾーンにムダ毛が生えていると衛生的に問題があるという事、そしてオシャレのための両方でしょう。

衛生面の問題というのは、デリケートゾーンというのは、ただでさえいつも下着で覆われていて風通しが悪い場所なのに加えて、汗もかきやすいですし排泄器官であることからバクテリアの繁殖がとてもしやすい条件にある場所なので、どうしても不潔になりがちで臭いの発生なども気になるからという事なのは納得できますね。

そしてオシャレをする上でもVIO脱毛は欠かせないお手入れのようです。アクティブな女性は若くてもある程度の年齢がいっていても、ビキニを楽しむ女性が実に多いアメリカ。夏の間、ビーチは年齢を問わず海水浴を楽しむ女性であふれています。ビキニも結構すれすれデザインも多いので、そうなるとVゾーンやIゾーンのお手入れは必須です。
datu15
さらに、アメリカ女性は下着はTバックやストリングタイプが大人気です。より自分をセクシーに見せる事が重要だとされている国ならではの傾向だと思いますが、この下着のタイプもVIO脱毛をしっかりする理由の一つだと言えるでしょう。ムダ毛がボーボーでしたら、Tバックやストリングのパンティなんてみっともなくて履けませんよね。

それでは海外ではデリケートゾーンのお手入れはどのようにしているのでしょうか。とにかく、VIOはツルツルに、というのが女性のエチケットの一つとなっているぐらいですから徹底したVIO脱毛を定期的に行っているようです。ただ日本のように脱毛サロンが低価格ではないのでほとんどの女性は今だにカミソリでお手入れしている人も多いようです。でもカミソリでの自己処理では、ツルツルお肌にはなれませんから、よりオシャレな完璧主義の女性ですとブラジリアンワックスへ通う人が多いようです。

ブラジリアンワックスはサロンで1ヶ月から1ヶ月半に一度、ワックスを塗って一気に剥ぎ取るというかなり古典的な方法でVIOエリアの脱毛を行うのです。脱毛サロンよりもはるかにお値段がお得なので、より一般的な脱毛法だと言えます。

このようにアメリカを始め欧米の女性は、デリケートゾーンのムダ毛にもしっかり気を使ってお手入れを欠かさないのです。日本も早くデリケートゾーンのお手入れが当たり前になると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です