脱毛器のアタッチメントを失くしてしまいいろんな意味で超激痛・・・

ムダ毛のお手入れはずっとカミソリと毛抜きでやっていました。
脚、腕とワキはカミソリで、それ以外は毛抜きという感じで使い分けアナログかつ自己流でやっており、とくに疑問も不満もなかったのですが、美容通の友人の家に泊まったときに洗面所に見慣れない器具があったので「美顔器?」とたずねたら「脱毛器だよ。っていうか使ったことないの?え?カミソリとかでやってるの?肌に絶対よくないよ」と力説&説教されたのをきっかけに同じものを購入し使いはじめました。
datu14
痛みがやや気になるものの、手入れをしたあとのヒリヒリ感や乾燥、肌荒れがないので(もっとはやく知って使いはじめればyかった)と後悔してしまうほどすっかりお気に入りになりました。
しかし、おっちょこちょいでそそっかしいわたしはワキ用のアタッチメントをなくしてしまったのです。
(家じゅうひっかきまわし、どこも全部探してもないので何かといっしょに捨ててしまったと思われます)
仕方なく脚用でワキも手入れしていますが、明らかに痛みが激しいうえに必ず処理残しの部分がでてしまうのです。

パッと見、脚用とワキ用の違いがわからず、どっちでも同じなんじゃないのとテキトーに考えてましたが、ちゃんと分けて使うようになっているということは、それなりの理由があるんだなとおっちょこちょいなじぶんを反省しつつ納得しました。
でも、どうしても出費が多くアタッチメントを取寄せできなかったのでしばらく脚用でワキも処理していましたが、どうしても痛みがガマンできないのと、ついグイッと力を入れてしまうため肌荒れを起こしてしまい、しかもタイミングが悪いことに夏前でうっすら汗をかく時期だったので汗が染みて炎症を起してしまったせいでその年の夏の前半はノースリーブが着られずテンションさがりまくりでした。

痛みとトラブルに耐えられず、結局アタッチメントは取り寄せで購入し直しましたが、送料も入れて3,000円ちょっとかかってしまい痛い出費だったのと、あの夏のワキの痛さを思い出すといまでも身震いするほどの恐怖です。
わたしのようにからだと懐に痛みを感じないためにも、脱毛器のアタッチメントは失くさないよう、しまう場所を決めて大事に保管されるのをくれぐれもおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です