自己脱毛時のストレスMAX、両わきのくぼみ対策!

女性の両わきの自己脱毛と言えばやはり、T字カミソリを使用して「剃る」手法が、いまだ圧倒的に多数派なのではないでしょうか。ただ、単純明快で手軽なだけに、奥の深い脱毛手段であると言えます。

まず、女性用のT字カミソリと言っても非常にピンキリで、まずは自分の脇に合うものを見つけるのが一苦労です。さらに、脇というのはかなり凸凹が多いので、足のひざ下の脱毛のように、ただまっすぐにカミソリをすべらせてそれで終了…というわけにもいきません。

さらに、両わき部分と言うのは人によってはかなり「見えない」方も多いのではないでしょうか?直視するのが難しい位置にあり、さらにくぼみが多いときては、どんなに素晴らしい最新式の高価なT字カミソリを使用したとしても、そり残しが出てしまうことがよくあります。近視・乱視の方も、毎回目をこらすのは大変ですよね。
datu18
「鏡をしっかり見ているのに、どうしても残る」「なかなかきれいに剃れないので、奮闘しているうちに肌がカミソリ負けしてしまう」と言う声もあるでしょう。(これが元で、両わきの肌が荒れてしまうケースも多いと聞きます。)どちらにせよ、非常にストレスフルな脱毛個所である、という事には多くの方が賛同していただけると思います。

このストレスから解脱するためには、そもそもの「両わきにT字カミソリをしようとする」という基本コンセプトに、柔軟にアプローチする必要があります。ドラッグストアのカミソリコーナーで、「どのT字カミソリにしよう」…それではいけません。その一歩先を行ってみて下さい。そう、T字カミソリに加えてプチT字カミソリを使うのです!!

例えば資生堂が眉毛のフィニッシュ用、として販売している「プリペア プチT」など、1センチ幅ほどの小さなT字カミソリは両わきにも使えます!これですと、普通のT字カミソリではどうにもうまく剃れなかった両わきのくぼみでも、きっちり剃りあげることが可能です。I字カミソリは使い慣れないし怖い、という方はぜひ試してみて下さい。ただ、小さくても刃物は刃物ですし、通常サイズのT字カミソリに比べてセーフティーガードの使い勝手が異なってもいます。くれぐれも細心の注意を払いつつ、使用してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です