女性の両わきの自己脱毛と言えばやはり、T字カミソリを使用して「剃る」手法が、いまだ圧倒的に多数派なのではないでしょうか。ただ、単純明快で手軽なだけに、奥の深い脱毛手段であると言えます。

まず、女性用のT字カミソリと言っても非常にピンキリで、まずは自分の脇に合うものを見つけるのが一苦労です。さらに、脇というのはかなり凸凹が多いので、足のひざ下の脱毛のように、ただまっすぐにカミソリをすべらせてそれで終了…というわけにもいきません。

さらに、両わき部分と言うのは人によってはかなり「見えない」方も多いのではないでしょうか?直視するのが難しい位置にあり、さらにくぼみが多いときては、どんなに素晴らしい最新式の高価なT字カミソリを使用したとしても、そり残しが出てしまうことがよくあります。近視・乱視の方も、毎回目をこらすのは大変ですよね。
datu18
「鏡をしっかり見ているのに、どうしても残る」「なかなかきれいに剃れないので、奮闘しているうちに肌がカミソリ負けしてしまう」と言う声もあるでしょう。(これが元で、両わきの肌が荒れてしまうケースも多いと聞きます。)どちらにせよ、非常にストレスフルな脱毛個所である、という事には多くの方が賛同していただけると思います。

このストレスから解脱するためには、そもそもの「両わきにT字カミソリをしようとする」という基本コンセプトに、柔軟にアプローチする必要があります。ドラッグストアのカミソリコーナーで、「どのT字カミソリにしよう」…それではいけません。その一歩先を行ってみて下さい。そう、T字カミソリに加えてプチT字カミソリを使うのです!!

例えば資生堂が眉毛のフィニッシュ用、として販売している「プリペア プチT」など、1センチ幅ほどの小さなT字カミソリは両わきにも使えます!これですと、普通のT字カミソリではどうにもうまく剃れなかった両わきのくぼみでも、きっちり剃りあげることが可能です。I字カミソリは使い慣れないし怖い、という方はぜひ試してみて下さい。ただ、小さくても刃物は刃物ですし、通常サイズのT字カミソリに比べてセーフティーガードの使い勝手が異なってもいます。くれぐれも細心の注意を払いつつ、使用してみて下さい。

いつの間にか春も終わりが近づいてきていますね。
春が終われば夏。肌の露出も増える時期です。

みなさんは、見えない部分の毛のお手入れはどうされていますか?脇や手足はどうにかなるけれど、背中やお尻など、普段見えない部分、手の届かない部分は難しいですよね。頻繁に生えてくるのに、綺麗にお手入れできないなんて、時間の無駄でしかありません。しかも、自己処理は肌を傷付ける場合もあり、見えない部分の処理だとなおさら大変です。

そんな時こそぜひ、脱毛サロンを利用しましょう。今や以前よりもずっと安い値段で脱毛をすることができ、世の女性の強い味方となっています。手足の脱毛ももちろんですが、見えない部分の脱毛こそ、お店での処理をおすすめします。見えない部分のお手入れもしっかりすることで、気持ちも明るくなり、自信をもって露出の多い服も着ることができます。VIOや背中の脱毛をすることによって、かわいい下着や水着もバッチリ着こなすことができますよ。

VIO脱毛は、「大事な部分を人に見られたくない・・・」「ちょっと恥ずかしい・・・」と、抵抗感を抱く人がいるかもしれません。しかし、どのサロンでも、最終的に毛をどのような形にしていきたいのか、脱毛中のお肌のお手入れはどうすればよいか、など、きちんと相談に乗ってくれます。何よりも、手が届かない部分をしっかりと処理してくれるので、その喜びの方が大きく感じます。脱毛サロンで処理して、自己処理のストレスから解放されましょう。

現在、全国には数多くの脱毛サロンが展開されています。価格は、脱毛機器の種類や箇所、回数によって各店に差がありますが、脱毛したい箇所によって、脱毛方法を考えることも大切です。背中の毛は、細く柔らかいので、痛みの少ない光脱毛でサクッと脱毛するのもおすすめです。VIO脱毛は、毛質が強い方もいらっしゃるので、光脱毛では十分効果が得られないことも考えられます。個人差はありますが、筆者の経験では光脱毛とレーザー脱毛とでは、仕上がりに大きな差がありました。何よりも、大切な身体のことですので、続けていっても大丈夫かどうか、1回試してお店を決めることも大切だと思います。
datu17
見えない部分の脱毛で、心も身体も、今よりもワンランク上を目指したいですね。

これから夏に向けて肌見せの多い季節になります。手の届かない背中・腰・お尻・デリケートゾーンのムダ毛処理は本当に大変ですよね。自己処理の頻度が増えるとお肌が剃刀負けしてしまう人も少なくないと思います。背中や腰は自分で鏡を見て状態をチェックするだけでも一苦労です。

エステ脱毛すれば産毛を気にせずに背中の大きくあいたファッションも楽しめます。海で楽しく遊んでいる最中に、水着からアンダーヘアがはみ出てるかも…なんて心配をすることもなくなります。

エステ脱毛の施術前には必ずシェイバーで毛を剃らなければならないのですが、手の届かない背中などはサロンでやってくれるところも多いです。Vラインに関しては自分の好きな形に整えることができるので、脱毛している人はみんなが同じ形になってしまうなんてこともありません。VIO脱毛は友達同士でもなかなか話しにくい内容ですが、やっている人は意外と多いです。

今のエステ脱毛は短時間で体への負担も少なく、効果もしっかりと体感できます。体の背面、背中やお尻を含めた広い面積でも、実際にレーザー照射している時間はほんの数分です。

脱毛を考えるときに一番気になることは、VIOについてだと思います。興味はあるけど…どんな格好で?誰に?どんな風に施術されるの?考えたら恥ずかしい…そう悩まれている方がたくさんいらっしゃると思います。

でも大丈夫です。なぜなら施術スタッフの女性は、数え切れないほどの人数をこなしているからです。
datu9
まずはVラインの形を確認されます。そのときすでに紙パンツをズラしてのぞかれますが、スタッフは顔色ひとつ変えずに形について変更がないかを尋ねてくれるでしょう。会話は極めて事務的で、その時点で自分が「数いるエステ脱毛のお客さんの一人だ」と実感できると思います。施術の最中はずっと声掛けしてもらえますが、他の部位をやっているときと同じトーンで同じ内容を聞いてくれます。自分にとって恥ずかしい部分であっても、脱毛サロンのスタッフにとっては脱毛適応箇所の一つに過ぎないのです。

あちらは終始プロとして仕事をしてくれます。きっと緊張して恥ずかしいのは最初だけで、慣れてしまえばあとはリラックスして身を委ねることが出来ると思います。