ムダ毛のお手入れはずっとカミソリと毛抜きでやっていました。
脚、腕とワキはカミソリで、それ以外は毛抜きという感じで使い分けアナログかつ自己流でやっており、とくに疑問も不満もなかったのですが、美容通の友人の家に泊まったときに洗面所に見慣れない器具があったので「美顔器?」とたずねたら「脱毛器だよ。っていうか使ったことないの?え?カミソリとかでやってるの?肌に絶対よくないよ」と力説&説教されたのをきっかけに同じものを購入し使いはじめました。
datu14
痛みがやや気になるものの、手入れをしたあとのヒリヒリ感や乾燥、肌荒れがないので(もっとはやく知って使いはじめればyかった)と後悔してしまうほどすっかりお気に入りになりました。
しかし、おっちょこちょいでそそっかしいわたしはワキ用のアタッチメントをなくしてしまったのです。
(家じゅうひっかきまわし、どこも全部探してもないので何かといっしょに捨ててしまったと思われます)
仕方なく脚用でワキも手入れしていますが、明らかに痛みが激しいうえに必ず処理残しの部分がでてしまうのです。

パッと見、脚用とワキ用の違いがわからず、どっちでも同じなんじゃないのとテキトーに考えてましたが、ちゃんと分けて使うようになっているということは、それなりの理由があるんだなとおっちょこちょいなじぶんを反省しつつ納得しました。
でも、どうしても出費が多くアタッチメントを取寄せできなかったのでしばらく脚用でワキも処理していましたが、どうしても痛みがガマンできないのと、ついグイッと力を入れてしまうため肌荒れを起こしてしまい、しかもタイミングが悪いことに夏前でうっすら汗をかく時期だったので汗が染みて炎症を起してしまったせいでその年の夏の前半はノースリーブが着られずテンションさがりまくりでした。

痛みとトラブルに耐えられず、結局アタッチメントは取り寄せで購入し直しましたが、送料も入れて3,000円ちょっとかかってしまい痛い出費だったのと、あの夏のワキの痛さを思い出すといまでも身震いするほどの恐怖です。
わたしのようにからだと懐に痛みを感じないためにも、脱毛器のアタッチメントは失くさないよう、しまう場所を決めて大事に保管されるのをくれぐれもおすすめします。

それまでカミソリでの剃毛でムダ毛処理をしていたのですが、毛が濃くなる太くなる、処理回数が多く手間というデメリットがありました。そこで、思い切って家庭用脱毛器を購入してみました。脱毛サロンに通うよりも、全然安く脱毛できますし、自分の好きな時にすぐできるのがメリットだと思いました。また、サロンに通うのが結構面倒だと感じたので、自宅で気軽にできるところもいいなと思いました。
datu10
実際、家庭用脱毛器で腕や脚、ワキを脱毛してみましたが、ちゃんと脱毛効果がありました。家庭用とはいえ、最近の脱毛器はかなり進化しています。こんなに手軽にキレイに脱毛できるのなら、もっと早くから使えばよかったと思うぐらいです。家庭用脱毛器初心者でも、問題なく使えました。照射レベルや連射モードなどを変更できるようになっているので、徐々に照射を強くして試すこともできて安心でした。脱毛器購入後から、半年ぐらい経つと、腕や脚、ワキの脱毛を完了し、ツルツルお肌にすることができていました。ちょうど夏に間に合ったので、計画通り、完璧に脱毛できたことに満足していました。

しかし、家庭用脱毛器には落とし穴があることを忘れていました。それに気づいたのは、よりにもよって、彼とデートをしていた時です。彼と付き合って1周年記念ということで、その日は普段よりもオシャレして出かけました。少し背中が開いたワンピースを着て行ったのです。ちょっとオシャレなレストランに入って、途中トイレに行った時、後ろ姿を見たら背中に薄らムダ毛があるのを発見してしまったのです。すっかり背中のムダ毛処理のことを忘れていました。家庭用脱毛器の弱点とも言える背中の処理を残していたのです。背中は自分でなかなか手が届きにくい部位だけに、つい忘れがちになってしまうところです。よりにもよって、彼とのデートの最中、オシャレなお店でそのことに気づいた時には頭が真っ白になりました。それからはどうにも背中のムダ毛が気になって仕方ありませんでした。その日、この後も夜景を見るなどのプランを立てていたのですが、ちょっと体調が悪いと言って、早々に帰宅することにしました。家に帰ってからは、泣きながら背中のムダ毛処理を忘れていたことを反省していました。

家庭用脱毛器は便利ですが、手が届かない背中の脱毛は、家族など他の人に頼むことになります。しかし、その時は1人暮らしだったので、結局脱毛サロンで背中を脱毛しました。背中の毛が濃い人は要注意の出来事でした。

datu6
最近よくあるワキ脱毛○○円ポッキリ!等
激安なプランがあると職場の上司から聞きつけ
早速いくことに。数人の同僚に話したところ、
私も行きたい私も行きたいと数人からオファーがあり
結局3人でいくことに。

仕事帰り、さっそくサロンへいってみると
なにやら素敵な雰囲気の店舗でゆったりとしたソファー&テーブル席へ案内される。
今回は説明のみですと言われガックリ来ましたが、
とにかくしていただけるならなんでもいいやとおとなしく説明を聞くことにしました。

長い長い説明が終わり、3人で仲良く同じ時間帯に予約し
数日後から脱毛がスタートしました。
実際に体験してみると、氷をあてながら特殊な光を照射し
ほんの少しだけ痛みはありますが、たいしたこともないし
一番疑っていた料金の問題も、
多少キャンペーンの話はされるものの強制されることもなく
2か月に一度、順調に通っていました。

3人で脱毛へ行って、帰りにカフェでお茶して帰るというのがお決まりになり
その日が楽しみのひとつになっていました。
効果はすぐにでないということで
薄くなったとかならないとか言いながらも、半年ほどたったあるとき
3人のうちの一人が妊娠が発覚しました。

妊娠をしていると、光脱毛はうけられませんので、
そこからは脱毛は2人でいくこととなりました。
妊娠した子は既婚者であとのふたりは独身でしたので
サロンの店員さんも、よかったですね~などと祝福してくれ、
それでも相変わらず3人でカフェに行ったりしていました。

妊娠した子は順調におなかも少し膨らんできて
安定期に入ったころ、もう一人の子の妊娠が発覚しました。
いわゆる授かり婚です。半年の間にふたり妊娠するなど考えてもいなくて
びっくりしましたが、おめでたいことだし仕方ないですよね。
またまた脱毛サロンへいく子がいなくなり
けっきょく一人で行くこととなってしまいました。
店員さんにも寂しいよ~等とわざといって笑ったりしていましたが
本当に少しあせりました。笑

そんなこんなでふたりは出産し、私はサロンへ行って2年目になろうかというところで
私にも妊娠が発覚。これまた授かり婚となり、
サロンへ連絡。ジンクスでもできてしまいそうな
素敵な出来事となりました。

しかし、結局3人とも脱毛は途中で終わってしまったので
子育てが落ち着いたらまた3人で行きたいと思っています。

夏に向けての大切な準備

だんだんと薄着になってくる季節に気になるのが、目につくところにあるムダ毛。しかし、多くの人は自分の目ですぐに確認できる場所のムダ毛は抜かりなく処理しているかと思われます。ところが、背中やお尻など、普段は見えないところの処理についてはいかがでしょうか。見えないから、といって油断していると、夏に水着になった時に後悔してしまいます。

普段見えないところの多くは、背中やお尻、VIOなどの手が届きにくく処理がぞんざいになりがちなところです。しかもムダ毛処理となると、ほかの人にやってもらうわけにもいかず、どうしても後回しになりがちです。そうやっていつしかその場所に生えているムダ毛の存在自体を忘れ、海やプールに行って指摘されてから後悔・・・なんてことも起こりうるのです。そこでおすすめしたいのが、エステサロンでの脱毛です。

エステサロンで脱毛すれば、肌を出すときにいちいち自分で処理する面倒がなくなります。事故処理の必要がなくなるということは剃刀などに負けてしまうこともなくなるため、肌をきれいに保つことも容易になります。値段が高くて手が出ない、という方も多いかと思われますが、そのお値段相応の価値があるのです。

実際に脱毛を行うと、事故処理した肌との違いに驚きます。どうしても事故処理した肌の中には毛根が残ってしまうために、太い毛を処理した時などは肌に黒いぶつぶつが出てきてしまいます。脱毛は毛根からきっちり抜けてくれるので、シミひとつない美しい肌になることだって夢ではありません。また、剃刀や薬品などで毛を処理すると、少なからず肌を傷つけてしまいます。そのため肌荒れの原因となり、赤くなってしまったり、毛穴がぶつぶつと目立ってしまうこともあります。脱毛はそんな悩みも解決してくれるのです。
datu7
脱毛は確かに金額が高いです。しかし、その効果や肌に与える影響を考えてみたらいかがでしょうか。自己処理にもそれなりにお金はかかりますし、それを一生続けていくと考えると脱毛くらいの金額にはなってくると思います。その上、傷ついた肌への影響も考慮すると、むしろ脱毛のほうが少し安いくらいにはなるのではないでしょうか。金額面でも、肌の面でも、エステサロンでの脱毛を強くおすすめします。