datu6
最近よくあるワキ脱毛○○円ポッキリ!等
激安なプランがあると職場の上司から聞きつけ
早速いくことに。数人の同僚に話したところ、
私も行きたい私も行きたいと数人からオファーがあり
結局3人でいくことに。

仕事帰り、さっそくサロンへいってみると
なにやら素敵な雰囲気の店舗でゆったりとしたソファー&テーブル席へ案内される。
今回は説明のみですと言われガックリ来ましたが、
とにかくしていただけるならなんでもいいやとおとなしく説明を聞くことにしました。

長い長い説明が終わり、3人で仲良く同じ時間帯に予約し
数日後から脱毛がスタートしました。
実際に体験してみると、氷をあてながら特殊な光を照射し
ほんの少しだけ痛みはありますが、たいしたこともないし
一番疑っていた料金の問題も、
多少キャンペーンの話はされるものの強制されることもなく
2か月に一度、順調に通っていました。

3人で脱毛へ行って、帰りにカフェでお茶して帰るというのがお決まりになり
その日が楽しみのひとつになっていました。
効果はすぐにでないということで
薄くなったとかならないとか言いながらも、半年ほどたったあるとき
3人のうちの一人が妊娠が発覚しました。

妊娠をしていると、光脱毛はうけられませんので、
そこからは脱毛は2人でいくこととなりました。
妊娠した子は既婚者であとのふたりは独身でしたので
サロンの店員さんも、よかったですね~などと祝福してくれ、
それでも相変わらず3人でカフェに行ったりしていました。

妊娠した子は順調におなかも少し膨らんできて
安定期に入ったころ、もう一人の子の妊娠が発覚しました。
いわゆる授かり婚です。半年の間にふたり妊娠するなど考えてもいなくて
びっくりしましたが、おめでたいことだし仕方ないですよね。
またまた脱毛サロンへいく子がいなくなり
けっきょく一人で行くこととなってしまいました。
店員さんにも寂しいよ~等とわざといって笑ったりしていましたが
本当に少しあせりました。笑

そんなこんなでふたりは出産し、私はサロンへ行って2年目になろうかというところで
私にも妊娠が発覚。これまた授かり婚となり、
サロンへ連絡。ジンクスでもできてしまいそうな
素敵な出来事となりました。

しかし、結局3人とも脱毛は途中で終わってしまったので
子育てが落ち着いたらまた3人で行きたいと思っています。

夏に向けての大切な準備

だんだんと薄着になってくる季節に気になるのが、目につくところにあるムダ毛。しかし、多くの人は自分の目ですぐに確認できる場所のムダ毛は抜かりなく処理しているかと思われます。ところが、背中やお尻など、普段は見えないところの処理についてはいかがでしょうか。見えないから、といって油断していると、夏に水着になった時に後悔してしまいます。

普段見えないところの多くは、背中やお尻、VIOなどの手が届きにくく処理がぞんざいになりがちなところです。しかもムダ毛処理となると、ほかの人にやってもらうわけにもいかず、どうしても後回しになりがちです。そうやっていつしかその場所に生えているムダ毛の存在自体を忘れ、海やプールに行って指摘されてから後悔・・・なんてことも起こりうるのです。そこでおすすめしたいのが、エステサロンでの脱毛です。

エステサロンで脱毛すれば、肌を出すときにいちいち自分で処理する面倒がなくなります。事故処理の必要がなくなるということは剃刀などに負けてしまうこともなくなるため、肌をきれいに保つことも容易になります。値段が高くて手が出ない、という方も多いかと思われますが、そのお値段相応の価値があるのです。

実際に脱毛を行うと、事故処理した肌との違いに驚きます。どうしても事故処理した肌の中には毛根が残ってしまうために、太い毛を処理した時などは肌に黒いぶつぶつが出てきてしまいます。脱毛は毛根からきっちり抜けてくれるので、シミひとつない美しい肌になることだって夢ではありません。また、剃刀や薬品などで毛を処理すると、少なからず肌を傷つけてしまいます。そのため肌荒れの原因となり、赤くなってしまったり、毛穴がぶつぶつと目立ってしまうこともあります。脱毛はそんな悩みも解決してくれるのです。
datu7
脱毛は確かに金額が高いです。しかし、その効果や肌に与える影響を考えてみたらいかがでしょうか。自己処理にもそれなりにお金はかかりますし、それを一生続けていくと考えると脱毛くらいの金額にはなってくると思います。その上、傷ついた肌への影響も考慮すると、むしろ脱毛のほうが少し安いくらいにはなるのではないでしょうか。金額面でも、肌の面でも、エステサロンでの脱毛を強くおすすめします。

女性にとって、ムダ毛処理は自分をより美しく見せる大切なケアの1つです。ですが、自分で処理できる部位は問題ありませんが、手が届かない背中やお尻、デリケートな部分で処理が難しいVIOといった部分など、自己処理が難しい部位は困ってしまうかと思います。

もちろん中には、脱毛サロンに通うのが面倒だから、費用がかかるからと言って、自己処理する人もいます。しかし、ただでさえ自己処理では難しい部位であるのに、無理やり自分で脱毛するのですから、当然、肌トラブルを招くこともあります。カミソリや除毛クリームを使ったら、背中ニキビが酷くなってしまった、デリケートゾーンが炎症を起こしてしまった、といった失敗もよくあることです。また、なんとか肌トラブルを避けることができたとしても、仕上がりにムラが出来てしまうこともよくあります。特に背中は、手が思うように届かない部位だけに、どうしても処理仕切れない部分が出てしまう可能性が高いです。

やはりこういった失敗を避けるためにも、自己処理が難しい部位の脱毛は、脱毛サロンなどの専門のプロに任せるのが一番です。費用や通うのが大変だとしても、部分脱毛コースを選択すれば、比較的通う回数や費用も抑えることができます。例えば、背中の部分脱毛であれば、毛質や毛量などで多少違いはありますが、2~3万円ぐらいです。また、VIO脱毛コースであれば、平均完了までに6回通ったとすると、7~10万円ぐらいになります。もちろん、自己処理に比べれば多少の費用はかかります。それでも、自己処理による肌トラブルで後悔するよりは、安全にキレイに脱毛できる方法を選ぶことがベストでしょう。
datu5
ほとんどの脱毛サロンでは、最先端の脱毛機器を導入しています。肌への負担を限りなく少なくして、脱毛することができます。また、機器だけでなく専門家による高い技術の脱毛をすることができるので、肌トラブルもほとんどなく、キレイに脱毛できます。VIOといったデリケートゾーンはもちろんのこと、背中やお尻も意外に刺激に弱い部位です。除毛クリームやカミソリの刺激が皮膚に与える影響はかなり大きいです。デリケートな肌のことを考えれば、出来る限り安心安全に脱毛できる方法を選ぶことが大切です。

アメリカでのIVO脱毛は、やっぱり・・・

ブラジリアン・ワックスが基本です。
datu4
ブラジリアン・ワックスといえば、日本では某テレビドラマで認知されるようになった、日本人の感覚からみると少し乱暴?な脱毛スタイル。

しかし、やはりアメリカではこの方法が主流なのです。
しかも、IVO脱毛をしない=身だしなみを整えていない不届き者!といったイメージすら生まれてしまうほど定着しています。

私がブラジリアン・ワックスに出会ったのは、大学時代のルームメイト(アメリカ人)の言葉。
「ルイ(私)はどこのブラジリアンサロン通ってるの?」

え?なんのこと?と答えるや否や、
「え!?IVOのお手入れしてないの!?何言ってるの???」
という衝撃の返答を受け、あれよあれよという間にルームメイトが通っているサロンへのアポイントメントが取られてしまいました。

そこは、しかもヘアサロンの一角にあり、美容院に通う感覚(ネイルサロンに併設されているところも多くあります)でアメリカ人はワックス脱毛に通うのです。

それから、私のIVO脱毛生活がスタートしました。

まず、ブラジリアンは基本的に永久脱毛ではないため、定期的に通う必要があります。
多くの人は3週間に一度。ヘアサロン・ネイルサロンでのメンテナンスと同じように通っています。
費用も、IVOだと30ドルと通えなくもない値段設定(地域差等あると思います)。私の行っていたサロンでは学割もありました。
また、足や脇のワックス脱毛もあるのですが、みなさん行うのはもっぱらブラジリアン(IVO)。
身だしなみというよりは、衛生面を気にして行う感覚があるように思いました。

また、恥ずかしいところだとためらいそうですが、エステティシャンはさすがのプロ。ためらいなんてみじんもありません。
ほんと、髪を切ることやマニキュアを塗ることと同じ感覚なんだなぁと思わされました。

そして、どういうわけかこのブラジリアン、始めるとあとに止められなくなるのです。
というのも、慣れてしまうとお手入れをしないと気持ち悪くなってしまう。不衛生だと感じてしまう。不思議なことなのですが。

私も、友達に影響されて以来、学生時代を通してブラジリアン脱毛にお世話になりました。

なお、日本に帰国してからは光脱毛してしまいましたけどね。
(ブラジリアンになれていると、光脱毛の痛みなんて余裕でした)